2014年05月14日

札幌で「記憶のかたち」展を開催します

土に触れていると何故か心が温まります。
人がやがて帰る大地の土は、
待っていてくれた故郷のようなものだから。

土は、私たちを支える地面や、
作物を育てる畑だったりしますが、
それは人を育む大地そのもの。

大地を素材にして作品をつくっているとの想いが気持ちを高ぶらせて、
今日まで続いているのかもしれません。

かけがえのない大地はさまざまな風に覆われます。
初夏の気持ちのいい風も、冬は厳しい寒さを運んで来ます。
匂いも運んで来ますし、雲を動かしたり、雨を叩きつけるし、
吹雪の強風は恐怖すら覚えます。

一方で、このような変幻万化の風は
オーケストラの演奏のようにも聞こえます。

今回の展示は、大作に取り組んだ合間に気分転換として生まれた小さな作品たちを、
故郷の暑寒別岳の山並みのように並べてお見せすることです。
作品は思いつくままに鼻歌まじりにつくられたものですが、
それは大作でも小品でも違いの無い私の中で一貫している態度です。

沢山の彫刻の山並みから風が運んで来る記憶が、
オーケストラの音楽のように聞こえるかどうか、
じっくりと耳を傾けていただけたらと思います。

2014.5.29[木]-7.22[火]
11:00-19:00(最終日は17:00まで)
無休/入場無料

会場
グランビスタギャラリー サッポロ
札幌市中央区北1条西4丁目
札幌グランドホテル1階ロビー内
tel.011-261-3311(代表)

http://www.grand1934.com/gallery/

初日に記念講演会とレセプションを開催します。
2014年5月29日[木]
18:30-19:30 記念講演会
19:30-20:30 レセプション
定員100名(参加無料・要予約・先着締切)
申込みはギャラリーまで電話にてお願いします。
011-261-3311(電話受付11:00-18:00)

Category: Art  Exhibition  News  Press  Recent work

2014年04月21日

日本デザイン学会で基調講演しました

「瞬間に生まれるもの」と題した講演が電子書籍として公開されました。

日本デザイン学会 五十嵐威暢基調講演

autumn_131011-1

Category: Art  Design  News  Press  Tama Art University

2014年04月14日

作品のインスタレーション完了

41連作+14連作+10点の陶作品の設営を終え、本日11:30より個展を開催します。
ぜひ、いりや画廊へ、お越しください。

_MG_3453+ IMG_7487 撮影(上):堀内僚太郎

Category: Art  Exhibition  News  Press  Recent work

2014年04月09日

いりや画廊にて個展を開催します

いりや画廊は、奥行きが20メートル近くあって天井も高く、その空間を意識した展示になります。
身体能力を制作の道具に新しい試みをしているので、近年ではもっとも大事な作品発表と位置づけています。
お時間がありましたらご覧いただければ嬉しいです。

個展は14日からです。18日のレセプションに間に合うようにカタログを準備中です。

DM+リーフレットデザイン:古屋友章

20140408__DM_Omote 20140408__DM_Ura

Category: Art  Exhibition  News  Press  Recent work

2014年02月12日

台湾で講演をします

台湾の新荘副都心中央合舎オフィスビル(行政院新莊聯合辦公大樓 Xinzhuang Joint Office Tower, Executive Yuan)に、テラコッタの新作を設置することになりました。これを記念し、滋賀県信楽町での制作時の映像を交え「つくる」をテーマにお話しします。

日時: 2014年2月15日(土) 14:00-16:00
場所: 行政院新莊聯合辦公大樓B1F 国際会議庁(台湾)

ポスターデザイン:Yung-Chen Nieh
列印

Category: Art  News

2013年11月13日

京橋の「ギャラリーなつか」で個展を開催します

故郷の空知地方はぼくの創作のおもちゃ箱のようなもので、
この箱の中にあらゆる遊びのきっかけが待っていてくれます。
故郷に思いを馳せ、土と触れ合い、「空知のかけら」をつくりました。

natsuka_DM

Category: Art  Exhibition  News  Press  Recent work

2013年09月25日

つぶやきが本になります

Yell
多摩美大の学長を引き受けて間もなく、若い人の背中をひと押ししたいとTwitterを始めました。つぶやきが3500回を越えた頃、書籍化の話が持ち上がりました。紆余曲折を経て、多くの方が参加され、アイデアが寄せられ、多摩美大の永原ゼミのプロジェクトにもなりました(これが実に楽しかったです)。

そして先日、デザイナーの古屋友章さんが「YELL TWEET BOOKS」の第一弾としてデザインしてくれた本が、下記CUUSOOサイトで予約販売をスタートしました。よろしくお願いします。
YELL TWEET BOOKS

Category: News

2013年08月26日

アトリエの赤ん坊たち

会場で配布する手の平サイズのガイドブックの校正刷りが届きました。
ロサンゼルスと秋谷のアトリエで産声をあげた壁掛けの木の作品を7点展示します。

atelier_no_akanbo
アトリエの赤ん坊たち・五十嵐威暢展
JRタワーホテル日航札幌 開業10周年記念

会期 2013年9月3日(火)〜10月31日(木)
主催 JRタワーホテル日航札幌
会場 タワーズギャラリー・JRタワーホテル日航札幌ロビー内(札幌駅直結)

Category: Art  Exhibition  News  Press  Recent work

日本建築学会2013年度大会

日本建築学会2013年度の大会メインテーマは「創つくる」、札幌市での開催です。
記念行事の講演で、日本・米国・オーストリアの場と人をつないだ3プロジェクトを、写真やムービーを織り交ぜつつ紹介します。

日時 2013年9月1日(日)14:00~17:00
会場 札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)
当日受付、参加費無料

9affc03d07ce349663e62e281be4bb33 675ae1508dfb1234744a7a212875fa2f

Category: Art  Design  Exhibition  News  Press

2013年08月09日

ジャズつながりで、昔と今

Retara_JAZZ
1976年、田中一光さんを中心に東京デザイナーズスペースが結成され、こけら落としのOne Day One ShowにJAZZ15を出品した。1日限りの展覧会で鑑賞者はごく少数だったが、たまたま来日していたオランダを代表するグラフィックデザイナーのピーター・ブラティンガ氏がフォトペーパーに白黒プリントした私の作品を観てくれた。そして2年後の1978年、アムステルダムのプリントギャラリーでJAZZ15展を開催する幸運に恵まれたのだ。私自身は経済的理由で現地に行くことが叶わなかったが、これが海外で開催された私のはじめての個展となった。

札幌のギャラリーレタラでの展覧会は、35年前(1978年)のアムステルダムの展覧会と同じ日程で2013年8月14日〜9月22日に開催される。
JAZZ 1976+2013・五十嵐威暢

Category: Art  Exhibition  News  Press