MoMA ショッピングバッグ

インターネットが普及する以前は、イメージを遠隔地へ運ぶもっともスピードの早い手段がファックスでした。1970年代後半には、このファックスによって欧米のクライアントの仕事を東京ですることが可能になりました。MoMAの仕事もこのような環境下で進められ、墨一色のデザインは自分の好みの反映でもありましたが、カラーファックスがまだ普及しない時代に、遠隔地からファックスによる進行状況を確実に把握する最善の方法であったことも影響しています。

1984

素材
プラスティック
サイズ
W330 x H420 x D175 mm
依頼主
ニューヨーク近代美術館

0016_moma_shopping_bag01